国内旅行

【電車好きの子がとっても喜ぶ!】メトロポリタン丸の内トレインビュールーム宿泊記

先日、電車が大好きな1歳11ヶ月の息子を連れてメトロポリタン丸の内の「トレインビューツイン」に宿泊しました。

部屋から見える景色に、電車好きな息子は大喜び!

息子が喜んでくれて全体的には満足のいく滞在になりましたが、ホテル自体が小さな子連れ家族をメインターゲットとしている訳では内容なので、親は多少我慢する部分は出てくるかもしれません。

そこで、この記事ではどのようにメトロポリタン丸の内での滞在を楽しめるのかや、子連れでの宿泊しやすさについて紹介したいと思います。

メトロポリタン丸の内について

アクセス

メトロポリタン丸の内は「JR東京駅」や「東京メトロ 東西線 大手町」のすぐそばにあります。

例えば東京駅を利用した場合、日本橋口を出ると目の前に「サピアタワー」とういビルがあり、このビルの27階より上にホテルが入っているのため駅からすぐ着きます。

ホテルを探すのに時間がかからず、また最寄り駅からすぐに着くというのは小さな子連れにはとてもありがたいポイント。

その他のアクセス方法やより詳細な情報は、公式サイトをご覧ください。

メトロポリタン丸の内|アクセス

ロビー

サピアタワーの27階にロビーがあります。

ロビーはそれほど広くありませんが、天井が吹き抜けになっているので圧迫感はなく、むしろ開放感があります。

日本を代表する駅のすぐそばのホテルのためか、精巧な作りの電車の模型が置いてありました。

この模型に、電車好きの息子は大興奮。

私たちが宿泊したのはハロウィンが終わった11月だったため、素敵なクリスマスツリーが飾ってありました。

客室について

立地が立地のためか、またビルの構造上のためか、あまり広々とした客室はありません。

また、眺望なしの部屋もいくつかあります。

ビジネス利用が多く、小さな子連れ旅行向けのホテルではなさそうだなという印象。

ホテルに宿泊する際はなるべく快適に過ごすために普段はハリウッドツインにできる部屋に宿泊していますが、今回はどうしても子どもに電車を見せてあげたかったことや次の制約がありツインの部屋に宿泊することにしました。

3人家族のためトリプルルームにしようと思ったが、電車が眺められる確約はできない

ハリウッドツインの部屋があったが、この部屋も電車が見られる確約はできない

ツインの部屋について、ハリウッドツインにして添い寝はできないか問い合わせたが、配線等の都合上ハリウッドツインにはできない

赤ちゃん・子連れでのホテル滞在を快適にするために事前に確認しておきたい4つのこと。我が家は息子が1歳4ヶ月になるまでに、4回ほどホテルに宿泊しました。 ホテルに家族3人で泊まろうとすれば、場所にもよりますが安くて...

ホテルごとにコンセプトがあり、主に小さな子連れ向けを想定している訳ではないので仕方ないですね。

もう少し子どもが大きくなってしまうとツインのベットに添い寝は窮屈になってしまうので、状況に応じてお部屋や宿泊施設自体を考えなければなと感じました。

トレインビューツインルームについて

今回宿泊したお部屋の様子を紹介します。

部屋の様子

トレインビューツインルームは、25平米で120cm幅のベットが2台あります。

清掃が行き届いていて清潔感があり、またシックな雰囲気でとても落ち着きます^^

「トレインビュー」ということで、窓からの景色は…

想像以上にステキな景色!!!

電車の光も綺麗ですが、ビル群の光もまた素晴らしい景色に一役買っています。

トレインビューを選んだ価値はおおいにありました^^

 

水回りは写真のようにお風呂とトイレが同じ空間にあるタイプです。

窮屈ではないので、個人的にはセパレート式でなくても問題ないなと感じました。

アメニティ

アメニティはシャンプー、リンス、シャワージェル、ボディクリーム、その他歯ブラシ等、ひと通りのものが揃っています。

ちなみに、シャンプー、リンス、シャワージェルは「ALGOTHERM(アルゴテルム)」というものでした。

調べてみると、日本のメーカーのようです。

スキンケア等には疎いタイプなので初めて聞いたメーカーですが、髪の毛はサラサラになるし香りも落ち着いた香りで使い心地がよかったです。

そして、ボディクリームは「THANN」

こちらはタイのスキンケアブランドです。

数年前、マリオットホテルに泊まった時にも置かれていました。

こちらもやわらかい香りで個人的には好みの香り。

一つひとつにこだわりがなければ、アメニティ類は持参せずに宿泊して問題ないかと思います。

 

半透明の蓋の入れ物の中には歯ブラシや綿棒などが入っています。

マウスウォッシュも入っていました。

マウスウォッシュはこれまで宿泊したホテルではあまり見かけないアメニティだったので、“気が利くなあ”と勝手に感心。

 

この他、「お貸出し品」の中に「子ども用パジャマ」や「お子様用アメニティセット」があります。

必要に応じてホテルにお願いすると、荷物を少しでも減らせるかと思います。

ホテルメトロポリタン丸の内|サービス・レンタル

朝食について

朝食を摂るレストランは、ロビーと同じ27階にある「TENQOO(テンクウ)」というレストランです。

運よく窓際の席が空いており、写真のような景色を眺めながら朝食を食べることができました。

電車が走っている様子をみることもでき、ここでも息子は興奮気味に。

席に案内してもらうと、小さな子どもがいるということですぐにベビーチェアと子ども用食器が出てきました。

そのスムーズさにサービスレベルの高さを感じます。

 

食事は洋食と和食があり、どちらもメニューが豊富です。

小さな子どもも離乳食を終えていれば、口にできるメニューが複数あると思います。

ちなみに、和食にはイクラも。

朝からイクラなんて我が家は食べる機会がないので、夫が食い意地をはって食べていました。

まとめ

実際に宿泊してみて、メトロポリタン丸の内に小さな子連れで宿泊する際のおすすめポイントと少しマイナスなポイントは次のとおりです。

子連れで宿泊しておすすめできるポイントは、

主要駅から近く、電車で来る場合アクセスがとても良い

電車好きの子どもがとても喜ぶ景色や展示物がある

サービスレベルが高く親の負担は少なく済む

一方で少しマイナスポイントとして挙げられるのは、

小さな子連れをメインターゲットとしたホテルではないため部屋選びは少し考えたり、場合によっては我慢する必要がある

個人的には、電車が大好きなお子さんがいれば子どもの笑顔を見るために十分我慢ができる範囲かなと思います。

こちらの記事がお部屋や宿泊施設選びの参考になればうれしいです^^

https://www.gutereiseund.com/omiyateppaku/?p=489