赤ちゃん連れで新幹線。事前準備や気をつけることは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

息子が1歳1ヶ月の時、自宅のある東京から熱海への旅行のため新幹線に乗りました。

新幹線を利用した品川–熱海間は東海道新幹線。

ビジネスマンの利用が多いイメージだったため、幼い我が子が約40分の乗車時間中大人しく過ごしてくれるのか、どうやったらぐずった場合に大人しくさせられるのか少し気を揉みました。

結果、わりと子どもは静かに、子どもが静かだったおかげで私も落ち着いて乗車できたので、事前に準備したものや車内での過ごし方について紹介したいと思います。

なお、各ご家庭お子さまの性格や生活リズムによって状況が変わるので、記事の内容は参考程度にして、各ご家庭ごとに準備するものや出発時間を調整してみてください^^

【目次】

赤ちゃん連れの新幹線乗車について

乗車券等は必要?

東海道新幹線(JR東海)の場合は、「乳児(1歳未満)」と「幼児(1歳〜6歳未満)」は無料です。

ただし、次の場合は「こども(6歳〜12歳未満)」の運賃・料金が必要になります。

(1)「大人」または「こども」1人に同伴される幼児の人数が2人を超える場合(3人目から「こども」の運賃・料金が必要です。)

(2)「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席(自由席グリーン車を除く)、寝台を利用する場合。

(3)「幼児」が単独で旅行をする場合。

【引用元:JR東海 きっぷのルール おとなとこども】

https://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/rule06.html

利用する鉄道会社によってルールが異なる場合があるので、旅行前に利用する鉄道会社のサイトで念のため確認しておくと安心だと思います。

ベビーカーは持ち込める?

ベビーカーの持ち込みを禁止している新幹線はないようです。

ただ、持ち込んだ場合は他のお客さんのことを考えて、乗車中はたたむべかなと思います。

おすすめの席

ベビーカーを持ち込んで乗車する場合は、特にいちばん後ろの席がおすすめです

たたんだベビーカーを座席の背もたれの後ろ側に置けるためです。

ただしこのスペースは人気で、先客がスーツケースやベビーカーを既に置いている場合があります。

その場合は、その他の席より足元の奥行きがあるいちばん前の席がおすすめです。

ただ、やはり足元にたたんだベビーカーがあるとゆったり座れないので、いちばん後ろの席を狙いところ。

また、ベビーカーの持ち込みがなくてもいちばん後ろや前の席は子どもがぐずった時にデッキ(乗降口やお手洗いや洗面台があるエリア)に出やすいため、その点でもおすすめです。

なお、混雑している場合はいちばん後ろでも前でもない席の足元に置かなければいけなくなります。

足元が窮屈になってしまうため、旅行が決まった時点で早めに指定席のいちばん後ろか前の席を取っておくのが安心かと思います。

(指定席を取ったのにいちばん後ろのスペースが既に埋まっていた時はがっかりしてしまいますが…)

車内で落ち着いて過ごすために

乗車時間を工夫しよう

子どもが元気いっぱいで遊びたい時間帯に乗車をすると、思うように体を動かすことのできない新幹線の中ではぐずってしまいそうですよね。

そのため、私は子どもがお昼寝をする午後1時頃に乗車することにしました。

そして、実際に子どもは乗車前に眠そうにし始め、新幹線に乗ってはじめは車窓からの景色に夢中でしたが、やがて景色を観ながら寝落ちしてくれました…!!!

もし都合上、子どものお昼寝の時間に乗車することが難しい場合は、次の項目を参考にしてみてください。

子どもが落ち着くものを持って行こう

今回私は不要でしたが、おすすめなのは「おもちゃ」、「お菓子」、「スマホorタブレット」の3つです。

子どもが夢中になって遊んでくれるおもちゃがあれば、安心ですよね。

うちの子どもには、大人しくかつ数十分も遊んでくれるおもちゃはなかったのでこの選択肢はありませんでしたが…

次にお菓子。

今回の新幹線乗車では活用しませんでしたが、その2ヶ月後に国内線の飛行機に乗った時にはとても活躍しました。

ボーロや小さなスナック菓子がたくさん入った袋のお菓子は、小さな子どもはひとつずつ食べるため、完食するまでに時間がかかります。

そのため10〜20分ほどはお菓子で静かに過ごしてくれる時間を作り出せるのではないでしょうか。

最後にスマホorタブレット。

ご家庭の方針であまり小さな子どもには見せたくないということであれば難しいですが、こちらも我が家は飛行機に乗った際に活用しました。

新幹線に乗車する際も同様に活用できるかと思います。

ただ、通信制限があるネットワークを通じてのストリーミングを新幹線乗車中ずっと行なっていると通信量を大量に消費してしまうため、可能であれば自宅で子どもが好きな動画をスマホやタブレットにダウンロードしてから持って行くことをおすすめします^^

まとめ

なんとなく、幼い子どもを連れて新幹線になるべく静かに乗車するイメージが湧いたでしょうか?

小さな子どもがいてもお出かけしたい時や、お出かけしなければいけない時はありますよね。

この記事がそういった方々の一助になれば嬉しいです。

また、先にもちらっと書きましたが我が家は子どもが1歳3ヶ月の時に国内線の飛行機に搭乗しました。

その時機内で子どもが大人しく過ごしてくれるように工夫した点等を紹介した記事もあるので、今後搭乗予定のある方は参考にご覧ください^^

https://www.gutereiseund.com/domesticflight/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*