小さな子連れにおすすめ!リーズナブルに楽しめる『しながわ水族館』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月に、生き物に興味を示し出した1歳9ケ月の息子を連れてしながわ水族館に行ってきました。

こぢんまりとして子連れの多い水族館だったので、動物好きな小さなお子さんがいるご家庭にはおすすめできる水族館です^^

しながわ水族館へのアクセス

ホームページにも記載されていますが、次の方法があります。

・京浜急行「大森海岸駅」下車 徒歩約8分

・JR京浜東北線「大森駅」下車 北口改札より徒歩約15分

・無料送迎バス

・お車

しながわ水族館 アクセス

無料送迎バスは「JR大井町駅」から出ていて、所要時間は約15分とのことです。

しながわ水族館へ向かうバスを2、3台行き帰りの途中で見かけましたが開館頃のバスもお昼過ぎのバスも結構混んでいたので、ベビーカーを押して行かれる方は「大森海岸駅」か「大森駅」から歩いて水族館へ向かった方が気が楽かもしれません。

小さい子を連れて混雑したバスに15分も揺られるはなかなか辛いですもんね。

ちなみに我が家は、京浜急行「大森海岸駅」から歩いて向かいました。

9月の暑い日でしたが、徒歩約8分とのことで、それほど辛い思いをすることなく水族館にたどり着くことができました。

入館料金

入館料金は次のとおりです。(いずれも税込)

・大人(高校生以上):1,350円

・中学生・小学生:600円

・幼児(4歳以上):300円

・シルバー(65際以上):1,200円

なお、「減免料金」や「品川区在勤・在学者割引料金/品川区民 特別料金」の設定があります。

該当しそうな方は、下のリンクからチェックしてみてください。

しながわ水族館 営業案内・料金

水族館入場まで

我が家は子どもがまだ1歳で、お昼過ぎにはお昼寝の時間になってしまうため、午前10時の開館に合わせて入場するつもりで水族館に到着しました。

が、すでにチケット購入のための行列が。

行列の長さは5、60mほどの長さになっていたかと思います。

(私たちが行った日が三連休の中日だったこともあるかもしれません)

なお、事前にチケットを購入していればほとんど並ばず入場できるので、並ぶのが嫌という方はチケットの事前購入がおすすめです。

我が家は私の会社の福利厚生の一環で、窓口でチケット購入をすればこの水族館の入場チケットが大人一人あたり100円安く買えるサービスが利用できたため(割引後大人ひとり:1,250円)、ケチって並びました。

15〜20分くらいでチケット購入までたどり着けたかと思います。

大人ひとり100円の違いで15〜20分並ばなくても済むのであれば、定価の前売り券を買ってしまうのも大いにアリだと思います。

なお、帰る時に大森海岸駅近くのセブンでも100円引きで購入できることを知り、がっかりしました。

詳しくは「お得なチケット情報」の項目に書きます。

大森海岸駅を利用して行かれる方は、セブンでチケットを購入してから水族館に向かうことをおすすめします。

見どころ

水族館へ行った日は、ふたり目妊娠中かつ体調がイマイチだったため、私はあまり回れませんでした。

しっかりとおすすめを紹介したいところですが、ざざっと見た中で印象に残った展示を紹介します。

と言っても、王道ばかり…

【イルカ・アシカスタジアム】イルカやアシカのショーが見られます。せっかく水族館へ足を伸ばしたのなら押さえておきたいところです!

【ペンギンランド】よちよち歩く可愛いペンギンたちが見られます。うちの息子も興味津々でした^^

【トンネル水槽】頭上を優雅に泳ぐお魚たちが見られます。正面から見るのとは違った姿が◎

【シャークホール】可愛らしいお魚に癒されたところで、出口付近に大きなサメが!迫力満点、お腹いっぱいで帰れます。

イルカショーの様子

あと、行っていませんが、

【アザラシ館】完全に忘れていました。アザラシ見たかったです。

その他にもクラゲの水槽があったり、珍しい魚がいます。

小さな子どもの初めての水族館としては、十分に楽しめる展示内容だと思います^^

しながわ水族館 フロアマップ

事前に知っておきたい注意点

イルカショー席取りの注意点

0〜2歳児くらいのお子さんを連れて行く場合、お昼過ぎにはお昼寝してしまう子が多いと思います。

そのため、ショーを見るチャンスは夕方の時間帯を除けば10:45〜のイルカショーのみ。

そのため我が家はこのショーを見るべく開館と同時に入場するつもりで水族館へ行きましたが、同じように考えている方が多いのかチケット売り場で行列に並び、10:20頃に入場、10:25頃にイルカショーの会場に着きましたが、夫婦ふたりが座れる席を見つけられただけでした。(子どもはひざの上)

座れなければ立ち見も可能ですが、10キロ前後ある子どもを抱っこして、約10分のショーを見続けるのは大変だと思います。

この点からも、10:45のイルカショーを見るのであれば、前売り券を購入して開館と同時に入場して席を取っておくのが無難かと思います。

レストラン利用の注意点

しながわ水族館には、「ドルフィン」というレストランがあり11時に開きます。

レストランは水族館にこの「ドルフィン」ひとつしかなく、水族館の建物とは別の建物になっています。

息子は普段保育園で11時過ぎにお昼ご飯を食べているようなので、混雑を避けるためにもこの日もイルカショーを見終えてから11時10分頃にレストランに向かいました。

私たちが入店した時点で席は半分ほど埋まっていたかと思います。

席に案内され、メニューを見ながら食べる物を選んでいる間も次々と人が入ってきて、料理が出てきた11:30頃には満席になっていました。

それなりの席数がありそうですが、水族館にひとつしかないため混むようです。

ちなみに、レストランを出た12時前のお店の前はこんな状況でした。

レストラン内の入り口エリアでは人が入り切らずに、外にまで入店待ちの方々がいらっしゃいました。

水族館内には食事をゆっくり食べられるようなスペースがなく、水族館周辺にもレストラン等がないため混みやすいのかもしれません。

ちなみに水族館内で唯一食事が取れそうなスペースがこちら。

泳いでいるイルカを眺めながら食べられますが、ベンチしかないため少し落ち着かないかもしれません。

少々薄暗いですし…

また、水族館周辺の食事処は大森海岸駅と水族館の間しかわかりませんが、駅よりに「天や」が1軒くらいしか見当たりませんでした。

そのため、水族館に行くまでにどこかコンビニ等でお弁当などを調達して、ベンチで食事を摂るか、レストランに早めに入り食事を摂るか、一旦外に出て「天や」で食事を摂るかの三択かなあと思います。

ご家族でどのようにお昼を摂るか検討した上で、事前準備や時間の調整をした方が良さそうです。

お得なチケット情報

私たちは福利厚生を利用し窓口で100円引きでチケットを購入し入場しましたが、大森海岸駅そばのセブンイレブンでも100円引きで購入できることを帰り道に知りました。

セブンイレブンは東急線の高架下、大森海岸駅を出てしながわ水族館方面にあります。

窓口に並ぶ必要がなく、かつ公式ホームページで前売り券を購入するより安く買えるのでおすすめです。

しながわ水族館のチケットは店内のマルチコピー機で購入でき、購入方法はコピー機にテプラ(だったかな)が貼ってあり、手順がわかるようになっています。

我が家は次回以降、しながわ水族館に行くときはここで購入するつもりです。

大森海岸駅を利用して行かれる際は、ぜひこちらでの購入を検討してみてください^^

おわりに

息子の水族館デビュー。

周りに子連れも多く、規模感もちょうどいいしながわ水族館を選んで大正解でした。

イルカショーの席取りやレストランへの入店タイミングなど、運が良かった点も満足がいく水族館デビューになった一因だと思います。

そのため、特にパパママがより快適に過ごせる情報に重点を置いて記事を書きました。

楽しい水族館デビューの参考になれば嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*