【体験談】絨毛膜下血腫と診断されて自宅安静から職場復帰まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はふたり目を妊娠した際、妊娠初期に絨毛膜下血腫と診断されました。

妊娠18週(5ヶ月半)の時には血腫はほとんどなくなり体調もだいぶ安定してきましたが、安定するまでは不安でいっぱいでした。

体調が安定するまでは、同じ診断を受けた人はどのような経過をたどったのか知りたく、ネットで頻繁に調べていました。

現在は症状が落ち着いて安定してきたこともあり、同じように不安に感じている方にひとつでも多くの経験を知ってもらうために私がどんな経過をたどったか書きたいと思います。

出血するまで:〜妊娠9週目

ふたり目の妊娠がわかったのは6週目の頃でした。

すでにこの時子宮内での出血が見られ、医師からは切迫流産と診断されました。

が、「なるべく安静に過ごしてください」と言われたものの、仕事を抑えるように等の指示はありませんでした。

また私自身、体調が悪いなどの自覚症状がなかったため、それまでどおり仕事と上の子の育児を両立していました。

この時上の子はまだ1歳半ほど。

日中仕事をしたあと夕食の調達をして保育園へお迎え、その後洗濯や子どもの世話、さらに夕食の準備、そして夕食を食べ終えさせたら食器の片付け、入浴、その合間にも子どもの世話…

夫は育児にも家事にも理解があり、毎日のように定時で帰宅して分担して家事・育児に取り組んでいましたが、それでも夜9時半頃にひと通りのことを終えるまでにはお腹は張ってしまっている状態でした。

でも翌朝にはだいたい落ち着いていたので、“ふたり目の妊娠はこんなものなんだろう”と考え、毎日過ごしていました。

突然の出血:妊娠10週目

この日も普段と変わらず、朝起きて子どもと夫を送り出し、残った家事と身支度を終えると出勤しました。

電車通勤をしているため、駅までいつものように歩いていましたが、この日は何となく普段よりお腹が重い感じがしました。

それでも仕事があるし、気になって仕方がないほどの違和感ではなかったため、そのまま出勤しました。

何となく違和感を抱えたまま、職場に着くとメールチェックやその日にやるべき業務について整理して慌ただしく過ごしていました。

が、1時間ほどたった頃、下着に違和感がありお手洗いに行ってみることにしました。

そして、出血していることに気がつきました。

“どうしよう…流産するのかな…”と思いましたが、すぐに冷静になれなければと思い、まずやるべきことを考えました。

出血がまだ見られたため、ナプキンをあてて下着が汚れないようにしました。

(妊娠中は突然の出血や破水がいつ起きるかわからないため、ナプキンは常に持ち歩くようにしていました)

次に病院へ連絡し、どう対応すべきか指示を仰ぎました。

病院へ連絡すると、生理2日目ほどの多くの出血がなければ、安静に過ごして家で様子を見ても良いとお話がありました。

そこまでの出血量ではありませんでしたが、お腹がなんとなく重く違和感があり、かつひとり目の時には経験しなかった出血に不安を感じ、念のため診察してもらうことにしました。

上司には妊娠していたこと、妊娠の状態はあまり良くないことを事前に伝えていたため、「病院に行く必要があるので帰ります。」と伝え、タクシーを呼び職場から駅まで移動しました。

電車に乗って最寄り駅まで着いた後は、お金がかかるなあと思いつつもなるべく歩かない方がいいかなと考え、再びタクシーに乗りいったん自宅に帰り、産婦人科へ行きました。

通っていた産婦人科は総合病院の産婦人科で、予約制を取っていました。

そのため、緊急とはいえ1時間ほど待ってからの診察となりました。

そして、診察の結果この時はじめて「絨毛膜下血腫」と診断され、仕事はしてもいいけどなるべく安静にするよう指示があり、「母性健康管理指導事項連絡カード」を渡されました。

母性健康管理指導事項連絡カードは、医師等の女性労働者への指示事項が適切に事業主に伝達されるためのツールです。(一部抜粋)

厚生労働省委託 母性健康管理サイト

この時、入院や自宅療養の指示があったわけではなく、仕事ができそうならしてもいいという状況だったので「そこまでひどい状況ではないのかな」と安心しました。

でも帰宅すると疲れをドッと感じ、またお腹の違和感も強くなり、この日からほとんど動けない日々がはじまりました…

ほとんど動けない日々:妊娠10週〜15週

医師の診断の内容から、そこまで危険な状況ではないと思っていましたが、出血後から1週間ほどは家の中のちょっとした移動ですら辛いと思うほど体がだるい状況になりました。

今まで体に負荷を与え過ぎた分のツケがまわってきたような感じでした。

1週間ほど経つと室内の移動はある程度できるようになり、10分ほどであれば立ち仕事の家事もできるようになりました。

それでも小さい子どもを抱える我が家にはやることはいくつもあり、すべてをこなせる状況ではなかったため、夫が定時で頑張って帰宅して、夕食を買って帰り、準備をして後片付けもして…

と仕事をしながら家事、育児、私のお世話までしてくれてる状況でした。

あまりこの状況が続くと夫まで倒れてしまうなと思い、私は極力体を休め回復に努めていました。

出血の方ははじめて出血してから3、4日で一度止まりましたが、妊娠13週頃から、少量ではありますがほぼ毎日出血するようになってしまいました。

途中、診察をしてもらった時に医師に出血がある旨を伝えると、少量であっても出血すること自体が好ましくないため、出血していることに気がついたらなるべく横になって体を休めるようにとお話がありました。

近所へお散歩ができるように:妊娠16週〜18週

この頃はまだ少量の出血が続いていましたが、少しずつある程度の時間歩くことができるようになってきました。

(出血していたので本当は歩くのはよくなかったかもしれません…)

夫の家事・育児・私のお世話の負担も減らさなければと思い、近所のスーパーへの買い物や夕食の準備をするようになりました。

因みに我が家はひとり目の子どもが保育園に入り、私の職場復帰までに新三種の神器(食洗機・ドラム式洗濯機・ロボット掃除機)を揃えていました。

そのためこれらに頼れる家事は省くことができ、文明の利器に改めて感謝しました。

 

妊娠18週目頃には、出血する日としない日が3、4日毎になり、あくまで感覚的な話ですが「そろそろ出血が止まりそうだな」と感じるようになりました。

実際に18週目の終わりころに診察してもらった時に確認すると、お腹に溜まっていた出血量がだいぶ減っている状況でした。

出勤できるように:妊娠19週目〜

出血が落ち着き、ある程度動けるようになってきたことから、職場に再び行くようになりました。

とは言っても、初日は最寄り駅まで歩くのに一苦労で、「やっぱり行くのをやめようか」と迷ったほどでした。

そして、翌日は体がだる過ぎて再び休みました。

それでも、翌週20週目に入るとだいぶ体調が安定してきて、2日行って1日休んでまた2日出勤するなど、5日ある出勤日のうち半分以上出勤できるようになりました。

ちょうど妊娠6ヶ月目に入り、お腹の状態も一層安定してきたためかもしれません。

7ヶ月(24週)目に差し掛かった現在も、週5日すべて出勤するのはしんどいため、基本的にこのペースで出勤しています。

現在の職場の方々は身近な方にふたり目妊娠の際に体調を崩された方がいるという方がなぜか多く、多大なるご迷惑をかけているにも関わらず、私の体調を気にしてくれるため無理のないペースで働かせてもらっています。

働きながらの妊娠生活は、本当に多くの人に支えられてなんとか送れるものだなあと改めて実感しています。

おわりに

せっかく授かった命が無事に出産までたどり着くのか、元気な姿で産まれてきてくれるのか、とても不安ですよね。

私は出血から体調が安定するまでの期間中、医師からは「もしかしたらダメかもしれない」ということ、その場合も「自分を決して責めないでくださいね」という趣旨のお話をされたこともありました。

初めて出血した時から、“半分諦めながら過ごした方が最悪の場合もあまり悲しまずに済むかな?”などと割り切ったつもりで過ごしていましたが、この時は頑張ってもこらえ切れずお医者さんの前で泣いてしまいました。

 

私の場合最終的には持ちこたえたため、本当にダメだった時の気持ちは想像してもし切れませんが、悲しいと思った時はとことん悲しんで時間をかけて気持ちの整理をつけるのが良いかもしれません。

適当なことは言えませんが…

 

この記事が、一時期の私と同じような不安を感じている方のひとつの参考になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*